トップページ

KUROSAWA Technology

今日の技術革新のスピードには驚くばかりです。それは住宅建築の分野においても同じです。しかし黒澤工務店の家は最新のテクノロジーだけでは完成しません。受け継がれてきた熟練の職人技がそこに活かされて初めて仕上がります。数字や性能には表せない「ひとを思う心」が宿った、安らぎと信頼とくつろぎに満ちた家。そんな温もりのある家をお届けしていきたいと思います。そのために最新のテクノロジーや、新しい暮らしスタイルを追求しています。そしてお客さまに喜んでいただける家づくりが地域の景観を美しくし、環境保全にもつながる。私たちはそんな会社でありたいと思います。

見えないところにもこだわりを持つ黒澤工務店の家の構造についてご紹介します。

黒沢工務店の家は長期優良住宅・2020年 省エネ基準適合住宅に対応しています

「生涯快適」を実現するために黒沢工務店がお届けする世界水準の住まい。次世代にまで受け継がれる安心・安全・高性能な住まいをお届けします。

高性能住宅を標準でお届け致します

長期優良住宅とは?
「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」(2009年(平成21年)6月4日施行)は、住宅を長期にわたり使用することにより、住宅の解体や除却に伴う廃棄物の排出を抑制し、環境への負荷を低減するとともに、建替えに係る費用の削減によって国民の住宅に対する負担を軽減し、より豊かで、より優しい暮らしへの転換を図ることを目的としています。
2020年 省エネ基準適合住宅
省エネルギー基準(平成25年基準)と低炭素建築物認定制度は、 住宅・建築物全体の省エネ性能の底上げと、より高いレベルであるゼロ・エネルギー住宅の普及を進めるため、ベースとなる基準を誘導基準としてそれぞれ定められました。税制優遇や補助金などの支援により段階的に建物の省エネ性能のレベルアップをはかり、2030年には新築住宅の平均をゼロ・エネルギー住宅とすることが国の目標としてかかげられています。
低炭素住宅とは?
低炭素住宅は住宅からの二酸化炭素(CO2)の排出を減らす工夫があり、高気密・高断熱・省エネを実現したランニングコストの低い住宅の事です。
低炭素住宅として認定されるには、国が定めた「改正省エネ基準」を満たした省エネルギー性能をクリアする条件が必要です。
「黒澤の家」は省エネ基準をらくらくクリアしています。
黒沢工務店の取り組み

Contact 各種お問い合わせ・ご相談

  • ご相談・来店予約 - 土地探しから家づくりまでお気軽に
  • 実邸見学予約 - 黒澤工務店で建てたOB様邸へご案内します
  • 資料請求はこちら - パンフレットを差し上げます。
  • 想いを形に住まいを創造する
  • ご質問やご相談を承ります。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。
  • 0120-13-9638
  • face book
  • instagram
  • twitter
PAGE TOP