スタッフBlog

トップページ

2017.9.18

地鎮祭

こんにちは!

 

関東地方は明け方には台風が通過しており、晴天となりましたね。

 

家の前も会社の前も台風の影響で落ち葉や砂誇りで汚れていました。

 

台風の去った後の後片付けも大変です。

 

今日は35°近くまで気温が上がるみたいです。

 

昨日と気温差が激しいので体調管理に気を付けます。

 

さて今回は地鎮祭についてお話したいと思います。

 

そもそも地鎮祭とは、土木工事を行う際や建物を建てる際に、工事の無事や安全と

 

建物や家の繁栄を祈る儀式のことを言います。

 

「じちんさい」と読んでおりますが正しくは「とこしづめのまつり」と読むみたいです。

 

「鎮」の字にはしずめる、落ち着かせるといった意味があります。

 

工事の着工にあたり、神職をお招きして神様にお供え物をし、

 

祝詞をあげ、お祓いをして浄め、最初の鍬や鋤を入れ、工事の無事を祈ります。

 

地鎮祭の起源は古く、持統天皇期(西暦690年)にはすでにその記述があり、

 

土木・建築などに伴う祭として行われていたとされています。

 

地鎮祭が実際に建築儀礼として認められ広く普及していったのは、

 

江戸時代後半になってみたいですね。

 

そんな歴史のある地鎮祭ですが、他のメーカーさんでは中には地鎮祭をされていない

 

ところもあるみたいですが、黒澤工務店のお客様はほぼ100%の方がされております。

 

人生で何度も体験することはない地鎮祭ですが、記憶に残る祭事になると思いますので

 

私個人と致しましても是非行っていただきたいです。

 

今後も歴史のある祭事を守っていきたいと思います。

 

ライフスタイルアドバイザー

込山 祐司

Contact 各種お問い合わせ・ご相談

  • ご相談・来店予約 - 土地探しから家づくりまでお気軽に
  • 実邸見学予約 - 黒澤工務店で建てたOB様邸へご案内します
  • 資料請求はこちら - パンフレットを差し上げます。
  • 想いを形に住まいを創造する
  • ご質問やご相談を承ります。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。
  • 0120-13-9638
  • face book
  • instagram
  • twitter
PAGE TOP